北九州CDEの会

ブログ Blog

CDE活動 ブログ

関連資料を更新しました
DATE:2021.04.19

関連資料より
①ノボ オンライン説明会
 ・2021年5月17日(月)19時~19時30分
 ・リベルサス錠
②栄養士会 2021年介護報酬改定研修
 ・2021年5月15日(土)10時~16時20分
 ・現地会場で参加された場合にのみ北九州糖尿病療養指導士2単位取得可能
※いずれも事前申し込みが必要です。詳細はチラシを参照してください

関連資料を更新しました
DATE:2021.04.09

関連資料を更新しました。
新型コロナウイルスの影響で中断されていました「北九州糖尿病研究会」が再開されます。
2021.04.27に開催される「第601回北九州糖尿病研究会」のチラシをダウンロードできます。
①今回は、zoomによる生配信で、単位取得希望者は事前登録が必要です。
②北九州糖尿病療養指導士1単位取得可能です。
※詳細はチラシを参照してください。

桜の季節
DATE:2021.03.24

朝、仕事に行くために車に向かって歩いていくと、毎年、車に沢山の花びらを散らしてくれる桜の木がポツポツ開花しているのに気が付きました。
今年の桜の開花は、各地で記録的な早さですね。今年の冬は結構、気温が高かったようで、今年のソメイヨシノの開花は例年より早く3月11日に広島からスタートし、福岡でも12日に開花が発表されました。開花から満開までの期間は約10日くらいと言われています。
コロナ禍でみんなで花見をすることはできませんが、桜の木の下をゆっくりお散歩したり、自粛自粛で凝り固まった身体を動かすのに最適な時期ですね。マスク着用と人との距離を保ちつつ、おでかけしてみませんか?


  

関連資料を更新しました
DATE:2021.03.17

・会員の皆様は、関連資料より「ノボ ノルディスクファーマ株式会社」関連のWeb講演会のチラシをダウンロード出来ます。ログイン後にダウンロードしてご確認ください。
・「第25回 福岡県糖尿病療養指導士 北九州地区研修会 受講生のご案内」を掲載しました。どなたでもダウンロード可能です。

関連資料を更新しました
DATE:2021.03.08

関連資料を更新しました。
・「明日から活かせる糖尿病WEBセミナー」2021.03.23
 北九州糖尿病療養指導士 0.5単位
・「Diabetes Relationship Seminar」2021.03.29
 北九州糖尿病療養指導士 1単位
のチラシがダウンロードできます。
※どちらも事前登録が必要です。
※詳細はチラシを参照願います。

2021年度3月末に認定の更新を迎える方へ
DATE:2021.03.01

2021年3月末に認定の更新を迎える方へ
~本来は2020年3月に更新する予定であった会員の皆様へ~
 
現状では、4月以降も新型コロナウイルス感染状況が改善しなければ、ウォークラリーなどイベント開催は困難です。おそらく今年前半、悪くすると後半も大規模イベント開催は難しいと予想されます。今回、各施設単位でのイベントの認定は可能ですが、更新時にイベントの参加回数が不足していても、認定の更新は可能とします。感染状況が改善してからイベントに参加してください。
 また、昨年の3月末時点で研修会の参加単位が不足していた方も2020年4月~2021年3月の1年間でのインターネットの学会・研修会等の参加単位で不足分が補えるようでしたら、更新の延長ではなく更新可能とします。会のホームページから認定更新の申請書類を印刷の上、追加単位分を記載して事務局に提出していただくようお願いします。
 
2021年2月26日
北九州CDEの会 会長
丸子 浩

オンラインセミナー
DATE:2021.02.17

・関連資料より「テルモメディカルセミナー(2021.03.15~03.22)」をダウンロード出来ます。視聴ご希望の方は事前申し込みが必要です。チラシを参照してください。
・又、ノボWEB講演会「2021.02.19 日々と生涯のQOL/QALYで考える新しいインスリン治療」「2020.02.26 心腎連関から考える糖尿病治療」「2021.03.02 2型糖尿病治療における経口GLP-1受容体作動薬への期待」「2021.03.03 インスリンWEB講演会」「2021.03.25 食事療法」のチラシを閲覧出来ます。ノボの5つの講演会は事前申し込みが必要ですが、会員限定で閲覧可能です。会員はログインしてチラシを閲覧してください。

Diabetes&Incretin Seminar in 北九州
DATE:2021.02.15

関連資料より「Diabetes&Incretin Seminar  in 北九州」の資料をダウンロードできます。
・2021年 3月16日(火)19時~20時10分
・北九州糖尿病療養指導士 1単位 取得可能
・オンライン開催(事前申し込み必要)
※詳細はチラシを参照してください。

巣ごもり中の筋トレ
DATE:2021.02.08

コロナ渦で巣ごもり生活が続きますと運動不足が生じてきます。運動不足になるとどうしても筋肉量が落ちてしまいます。
筋肉量が落ちるとサルコペニアになる可能性があります、サルコペニアとは、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こること」を指します。または、歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど、「身体機能の低下が起こること」を指します。身体機能が低下することで転倒しやすくなり、ご年配の方では骨折等につながります。
サルコペニアの基準は2019年に改訂されています。まず下腿周径(1番大きな部位)を測定し、男性34㎝、女性33㎝未満の場合、握力か5回起立-着席運動を測定します、握力が男性28㎏、女性18㎏未満、もしくは椅子から5回立ったり座ったりし、そのかかった時間が12秒以上だった場合はサルコペニアの可能性があります。皆さんも一度測ってみてはいかがでしょうか。
筋肉量を維持するためにはどうしたらいいのか?スクワット、腕立て伏せ、腹筋等もいいのですが、どうやらラジオ体操第二も筋肉量維持には効果があるようです。糖尿病教育入院していた2型糖尿病患者さんに、1日60分の有酸素運動を行ってもらい、一方には朝食前と夕食後の1日2回、筋力強化を目的とした「ラジオ体操第二」を行うよう指示したところ、ラジオ体操を行わなかった患者さんと比較して除脂肪体重とSMI(SMIとは四肢の筋肉量を身長の二乗で割った値)は維持できたのに対し、ラジオ体操を行わなかった患者さんは入院前よりも有意に減少していたようです。またラジオ体操を実施した患者さんでは腕や体幹筋肉量に増加傾向が示されていたようです。
ラジオ体操第二は第一よりも運動強度が高く、筋力アップと血行促進を目的とした動作がポイントとなっているようです。とはいえラジオ体操第二は、体を大きく回したり、上体を大きく前傾させたり、上肢を大きく動かしたり、ジャンプ系運動も入りますので、関節に不安がある方は控えた方がいいかもしれません。私も久しぶりにラジオ体操第一と第二を行ってみましたが、第一は覚えているのですが、第二は覚えていませんでした、テレビを見つつ模倣するのですが、ステップがちぐはぐになり、色々な面で体の衰えを感じました。最近運動不足だと感じている方はラジオ体操第一を有酸素運動として、ラジオ体操第二を筋トレとして始めてみてはいかがでしょうか。

GLP1 Update Meeting in Kitakyusyu
DATE:2021.02.08

関連資料より「GLP1 Update Meeting in Kitakyusyu」のチラシ及び「Teamsの導入と研修会への参加方法」をダウンロード出来ます・
・2021年 2月10日(水)19時~20時
・オンライン開催です。
・事前申し込みが必要です。
※詳細はチラシをご参照ください
 

1234
CDE 会員ログイン
CDE会員の専用ページです。
ログインページへ
パスワードを忘れた方は
受験希望の方
関連リンク